【攻略】グリーン住宅ポイント制度を分かりやすく解説!リフォーム版

【攻略】グリーン住宅ポイント制度を分かりやすく解説!リフォーム版

お得なグリーン住宅ポイント制度

こちらでは、2021年にスタートしたグリーン住宅ポイント制度に関する最新情報を、『リフォーム』に特化した攻略ポイントを解説しております。戸建ての方もマンションの方も対象になりますので、ぜひ活用したいですよね?!

従来のエコポイントとは何が違うのか?この制度をどのように利用するとお得か?を調べてみました。

このグリーン住宅ポイント制度が「不公平だ!」と言われる理由については、下記の記事をご覧ください。
不公平な制度をお得な制度にする方法について解説!

グリーン住宅ポイント制度の5つのポイント

分かりやすく言うと・・・

  1. 2020年12月15日以降に契約したリフォームが対象!
  2. 最大30万ポイントだが、若者・子育て世帯は、45万にUP!
  3. ポイントはリフォームの追加工事にも使えるが、工事内容は限定的なので注意!
  4. 申請締切は、遅くとも2021年10月31日まで(郵送の場合は必着)
  5. 商品交換の申込期限は、2022年1月15日まで

2021年10月31日までとなっているが、予算がつき次第終了になるので要注意!

グリーン住宅ポイント制度の目的・概要は?

トイレリフォーム

高い省エネ性能の住宅取得者等に対して「新たな日常」等に対応した商品や追加工事 と交換できるポイントを発行することにより、住宅投資を喚起し、新型コロナウィルス感染症の影響により落ち込んだ経済の回復を図るのが目的とのこと。

ここでの新たな日常とはリモートワークや、換気、抗菌での生活を意味して、それらに対応する家にアップグレードしましょう!ってことです。

グリーン住宅ポイント制度は、いつから?

リフォーム助成金

令和2年12月15日から令和3年10月31日までに契約を締結した一定のリフォームが対象。

つまり、既にスタートしています!

既に年末年始以降に契約されている方も、後で申請することが可能なので、絶対に補助金を獲得しましょう!

グリーン住宅ポイント制度の対象工事がコレ!

①省エネリフォーム

グリーン住宅ポイント

省エネリフォームとは、下記の3つで、いずれかが必須項目となっているので、グリーン住宅ポイントを貰うには、必ず次の3つの工事のどれかする必要があります。

  • サッシ、窓など開口部の断熱改修
  • 外壁・屋根・天井又は床の断熱改修
  • エコ住宅設備 の設置

エコ住宅設備とは、太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯機、節湯水栓が該当します。

②耐震改修、バリアフリーリフォーム

グリーン住宅の対象工事

これは、地震対策の耐震リフォーム、手すりや段差解消などのバリアフリーリフォームが該当します。
こちらのリフォームは任意で、必須項目ではありませんが、階段に手すりが無い方は、この機会に取り付けて貰うことをお勧めします!

発行ポイントはどれくらいもらえるの?

5万ポイント以上、30万ポイント/ 戸

40歳未満の親で、18歳未満の子がいる方はお得!

若者・子育て世帯

※若者・子育て世帯によるリフォームは、上限を45万ポイント引上げになるお得加算ポイントあり!

中古住宅の購入を伴う場合は、さらに上限60万ポイントに引上げも。

若者世帯とは?・・・40歳未満の世帯

子育て世帯とは?・・・18歳未満の子を有する世帯

「若者・子育て世帯だけ、グリーン住宅ポイント制度でポイントUPするのは不公平だ!」と思われるぐらいポイント数が大きいですが、今の若い世代の世帯年収から、新築購入ではなく、中古住宅の購入の方が主流になりつつあります。ある意味、ここまで手厚い補助にするのは、リフォームの扱いではあるが、若者世帯にとって、このグリーン住宅ポイント制度は、住宅購入の補助金になるからです!

工事ごとのポイントは?

こちらが各工事ごとの発行ポイント数一覧です。
グリーンポイント対象工事

図 国土交通省の「グリーン住宅ポイント制度の概要」より抜粋

この中でお勧めな対象工事は、断熱改修の中にある「窓」のリフォーム。

例えば、内窓を設置するリフォームは、1窓1時間程度で完了する工事なので、家全体でも1、2日で完了するので安心です!

窓のリフォームは、グリーン住宅ポイント制度では、ほぼ全て対象になるので、暖かい家にアップグレードしたいなっと思っている方は、ぜひこの機会にリフォームすることをお勧めします!

他には、給湯器もお勧め!
給湯器は10年に1度交換が必要なので、10年以上使っていて、いつかは交換しなきゃと思っていた方にはお勧め!
ただ給湯器単体では、最低必要ポイントの、5万ポイントに達しないため、

必要最低ポイント5万ポイント < 給湯器交換2.4万ポイント+トイレ交換1.6万ポイント+内窓1か所設置1.3~2万ポイント

が安価でポイントを獲得できるプランですね。

ポイントは何に使えるの?

① グリーン住宅ポイントで貰える商品

「新たな日常」、「環境」、「安全・安心」、「健康長寿・高齢者対応」、「子育て支援、働き方改革」、「地域振興」に資する商品

② 追加工事

グリーン住宅ポイント制度で新たに追加されたポイント利用方法!

「「新たな日常」(テレワークや感染症予防)及び「防災」に対応した追加工事

グリーン住宅ポイント制度の交換商品がコレ!

グリーン住宅ポイント制度の交換商品がコレ!

グリーン住宅ポイント交換商品には、ロボット掃除機のルンバや、エアコン、ソファー、テレビ、冷蔵庫、ダイニングテーブルのセット・・・など魅力的なものがいっぱい登場する予定です。

特にバルミューダのトースターが25000ポイントで交換できる情報も出ており、今までの魅力的な交換商品が少なかった制度と違い、交換商品数も豊富に出そうです!

普段購入するにはハードルが高いけど、ポイントなら交換したい商品、例えばルンバi7+は人気が出そうです!ダスト容器のゴミを自動で排出してくれる自動ゴミ収集機対応のタイプです!

もちろん、高級和牛などの食料品、ベビー、キッズ用品も豊富なので、お孫さんへのプレゼントにも最適ですね。

追加工事の即時交換って何が対象?

即時交換対象工事とは?

ポイントの「即時交換」は、下記の新たな生活スタイルに使う工事と、防災対策に使う工事とで、2グループに限定されます。

※対象工事についての詳細は今後国交省HP等で公開される予定です。

①「新たな日常」に資する追加工事

グリーンエコポイント

1)ワークスペース設置リフォーム

  • リビング、ダイニング、寝室などへのワークスペースの設置(間取り変更、増築)
  • 共有ワークスペース(共同住宅)
  • 開閉可能な間仕切りの設置
  • 造作工事によるカンター、棚の設置
さらに詳しい工事例はこちら
屋内ワークスペースの設置
  1. 造り付けデスクカウンターの設置
  2. 本棚・棚・引き出しの設置
  3. 間仕切り(ロールスクリーン、パーテーション)の設置
  4. システムキッチンのカウンターやキャビネットの設置
テレワーク関連設備の設置
  1. 天井・壁に固定する照明器具の設置(配線、ライティングレールの設置を含む)
  2. 天井、壁に固定する映像装置(プロジェクター、モニター)の設置
  3. 天井、壁に固定するスピーカーの設置
  4. コンセント・電源の設置(配線、分電盤工事を含む)
  5. インターネット環境の設置(回線の引込み、居室への配線)
間取りの変更
  1. 間仕切壁・格子壁の設置・撤去
  2. 天井、床の設置・撤去
  3. 居室内の窓・格子窓の設置・撤去
  4. 窓、ドアの設置・撤去
  5. 収納(クローゼット、押入、納戸、床上げ畳収納)の設置・撤去
屋外ワークスペースの設置
  1. プレハブ・ユニットハウス・ワークハウスの設置
  2. 日よけ・シェードの設置、テラス屋根・囲いの設置
(共同住宅における)共用ワークスペースの設置
  1. 共用ワーキングスペースの設置
ヴィータス パネル
ワークスペースがほしい方向けに追加工事で利用できる人気リフォームを紹介!
例えば、押し入れをワークスペースにできるリフォームや、ワークスペースのにおい、日差し対策にも利用できる方法を紹介!

2)音環境改善リフォーム

  • 遮音タイプのドアへの変更。外壁開口部の遮音性向上工事(内窓など)
  • 内壁の防音工事。吸音、遮音機能のある内装材への変更。
  • 床防音工事(共同住宅)
さらに詳しい工事例はこちら
防音設備の設置
  1. 防音室の設置
  2. 壁・二重窓・ドアの設置
  3. 内窓の設置
  4. 外窓の交換
  5. 防音換気設備の設置
  6. 防音フローリングの設置

3)家事負担軽減リフォーム

  • ビルトイン食洗機
  • 掃除しやすいレンジフード
  • 浴室乾燥機
  • ビルトイン自動調理対応コンロ
  • 宅配ボックス
さらに詳しい工事例はこちら
キッチン周りの設備の設置
  1. ビルトイン食器洗機の設置
  2. 掃除しやすいレンジフードの設置
  3. ビルトイン自動調理コンロの設置
  4. ディスポーザーの設置
浴室周りの設備の設置
  1. 浴室乾燥機の設置
  2. 浴室乾燥暖房機の設置
  3. 自動浴槽洗浄システムの設置
洗面所周りの設備の設置
  1. サンルームの設置
  2. 衣類乾燥機の設置
トイレ周りの設備の設置
  1. 掃除しやすいトイレの設置
宅配ボックスの設置
  1. 宅配ボックスの設置
  2. (共同住宅における)宅配ボックスの設置
家事負担を軽減する収納の設置
  1. キッチンに設置する収納
  2. 脱衣所・洗面所に設置する収納
  3. トイレに設置する収納

4)菌・ウィルスの拡散防止リフォーム

住宅グリーンポイント

  • 非接触型水栓
  • 玄関回りの洗面所
  • 立水栓設置
  • 抗菌・抗ウイルス準備適合建材(壁、床、手すり、ドアノブなど)
さらに詳しい工事例はこちら
非接触型設備の設置
  1. タッチレス水栓の設置
  2. タッチレス玄関ドアの設置
  3. タッチレス照明スイッチの設置
  4. 自動開閉窓・ドアの設置
玄関周り等の洗面化粧台・手洗い器・立水栓の設置
  1. セカンド洗面台の設置
  2. 外部水栓、手洗い器の設置
抗菌・抗ウイルス建材の設置
  1. 壁・床・手すり・ドアノブの設置
  2. 抗菌壁紙の設置
  3. 抗菌水栓の設置
コロナ禍で人気のタッチレス水栓
菌・ウイルスの拡散防止に使いたい方こちらでは、コロナ禍で人気のタッチレス水栓や、帰宅したら、玄関で手洗器を設置するリフォーム。また家に入る前に手が洗える導線にしたい方向けのリフォームを紹介!

5)換気設備設置リフォーム

  • 同時給排気型換気設備
  • 換気・通風機能付き玄関扉
さらに詳しい工事例はこちら
換気設備等の設置
  1. 換気扇の設置
  2. 網戸の設置
  3. ルームエアコンの設置
  4. 換気・通風機能付きドアの設置
空気浄化作用のある製品の設置
  1. 畳(い草製)の設置
  2. 珪藻土の塗壁工事
  3. 調湿性のあるタイル、壁紙の設置工事

②防災に資する追加工事

リフォームグリーンポイント

1)災害対策リフォーム

屋根瓦、止水板、電気設備移設、感知式ロック機能付吊戸棚、防犯安全ガラス、防災シャッター

さらに詳しい工事例はこちら
水害・台風対策
  1. 屋根瓦の飛散防止
  2. 高耐力な瓦の設置
  3. 飛散防止ネットの設置
  4. 瓦止め(接着剤、漆喰)の敷設
  5. 防止安全ガラス、雨戸、窓シャッター、ブラインドの設置
  6. 止水板の設置
地震対策
  1. 感震ブレーカーの設置
    配線・分電盤工事を含む(躯体に関する耐震対策を除く)
  2. 家具固定器具の設置
  3. 窓ガラスの飛散防止のための安全ガラスの設置
リフォームシャッター
災害対策リフォームでおすすめなリフォーム商品を紹介!
例えば、台風対策にリフォームシャッターを追加したり、シャッターを付けられない窓は強化ガラスに変えたり、屋根を強化したりするリフォームが人気です!こちらで紹介しております。

2)停電・断水対策リフォーム

蓄電池、V2H(戸建住宅)非常用発電設備(共同住宅)、飲料水貯留システム

さらに詳しい工事例はこちら
停電・断水対策
  1. 蓄電池の設置
  2. 太陽光発電の設置
  3. V2H・EV充電設備の設置
  4. 家庭用燃料電池の設置
  5. 非常用発電設備の設置

上記工事は、配線・分電盤工事を含む

  1. 貯水システムの設置
  2. 雨水タンクの設置

上記工事は、配管工事を含む

  1. 電気設備の移設

上記工事は、蓄電・発電設備の架台設置、エアコン室外機の架台設置を含む

こちらの防災に関する追加工事は、現実的には、利用ケースが少ないですね。
工事金額が高いタイプになるので、ポイントを利用するための工事とは言えないでしょう。

あえてこの中で最も人気があるリフォームが、蓄電池設置リフォームですね。
災害時の停電対策として、今も人気です。
ちなみに蓄電池設置リフォームの概算費用は75〜140万円です。ポイントがちょっとの足しにはなりますかね!?

グリーン住宅ポイント制度は、他の補助金と併用できる?

グリーン住宅ポイント制度は、他の補助金と併用できる?
併用できる補助制度もありますが、国の制度との併用は原則できません!とのこと。
今回のグリーン住宅ポイント制度の国が発行している「グリーン住宅ポイント制度の内容について」の資料に下記のように記載されております。
補助金併用無理
グリーン住宅ポイント制度の前にあった「次世代住宅ポイント制度」でも同じように運営されるような感じですね。(前回も併用はダメでした)
ただ、「国の制度との併用はNG」でも、地方自治体の制度との併用は別になりますので、全て併用できないという考えは違います!

グリーン住宅ポイント制度は不公平?

グリーン住宅ポイント制度は不公平

グリーン住宅ポイント制度が不公平と言われているのが、窓関係の工事だけにポイントが集中しているのではないか、ポイントをもらえるには50000ポイント以上の工事をしないといけない!ポイント計算が消費者では出来ない!という意見です。

例えば「トイレリフォームしたから、グリーン住宅ポイントがもらえるかな?」というシチュエーションで調べてみましょう!

トイレリフォームのポイント例

  1. 節水トイレ 16,000ポイント
  2. トイレ内に手すりを付ける 5,000ポイント
  3. トイレと廊下の段差を解消する 6,000ポイント
  4. トイレの窓に内窓を設置 13,000ポイント 

といわゆる、トイレ内でできる全てのリフォームをしても、合計40,000ポイント
ポイントを商品に交換できる条件が、50,000ポイント以上の工事をしないといけないので、これではグリーン住宅ポイント制度の対象外になってしまいます・・・。
つまり、トイレリフォームだけでは、ポイントがもらえない!という不公平な状態です!

ポイントがもらえないケースも!

こんな感じで、最低ポイントの50,000ポイントをクリアできるかどうかは、一般の方だと分かりづらいので、「この分かりづらさも不公平では!?」という意見も多々・・・。

おすすめは、業者の方と相談しながら、1つのリフォームをやる際に、プラスでどんな工事を加えれば、ポイントを獲得できるか相談されるのがいいですね!
リフォーム業者さんによっては、「ポイントまで提案するのはめんどくせー!」というところも絶対多いはずです!
親身に相談にのってくれるリフォーム業者さんを見つければ、お得なポイント獲得へ導いてくれるはずです!
この時期は特にリフォーム業者選びを慎重になりたいですね!

「分かりづらい!」「最低ポイントが高すぎる!」「若者世代の設定に不公平な点が多くある!」などの不満が多数でている現状。
そんな不公平と言われているグリーン住宅ポイント制度をどのようなリフォームをすれば、ポイント獲得できるか具体的な事例とともに解説しております。
ポイント計算が面倒な方は必見です↓

不公平な制度?グリーン住宅ポイント制度の注意点とは?

不公平な制度?グリーン住宅ポイント制度の注意点とは?

制度を利用するリフォーム会社さんから「分かりづらい!」「最低ポイントが高すぎる!」「若者世代の設定に不公平な点が多くある!」などの不満が多数でている現状。こちらではそんな不公平と言われているグリーン住宅ポイント制度をどのようなリフォームをすれば、ポイント獲得できるか具体的な事例とともに解説!計算が面倒な方は必見!

グリーン住宅ポイント制度のスケジュールは?

グリーン住宅ポイントのスケジュール
対象物件は12月15日以降の契約なので、すでにスタートしています!
すでに契約してしまった方でも、対象になりますので、契約している業者さんに相談してもらいましょう!
また、終了期間は、「令和3年10月31日まで」となっていますが、過去のエコポイントなどの例をみると、設定されている期限前に予算に達し、終了しています。
「まだ先だから、とりあえず様子見だなぁ」っと思っている方は、要注意です!
終了間際は、業者さんも忙しい状態なので、早めに計画するのが成功のポイントです!

また、ポイント発行の手続きや、完了報告が必要ですが、これらの手続きを代行してくれるリフォーム業者さんにお願いすることをお勧めします。

グリーン住宅ポイント制度が使えるリフォーム業者さんは?

戸塚のリフォーム会社

グリーン住宅ポイント制度が利用できる業者さんは特定されておらず、どのリフォーム業者さんでもお願いできます。

しかし!!

とても一般の方では申請手続きが難しいです!
必要な書類をそろえるのも、工事業者との密な連携が必要となるので、必要書類の準備、書類作成、申請などは、業者さんにお願いするのがお勧めです!

だからグリーン住宅ポイント制度の申請を代行してくれる業者さんかどうかを見極めるのが大事なんです!

たいていの良心的なリフォーム業者さんなら、「うちでリフォーム工事してくれるなら、申請手続きも一緒に無料でやりますよ!」って言ってくれるはずです。

もう一つ大事なのが、リフォーム工事をちゃんとしてくれる業者さんかどうかですよね?

その全てを解決できるのが、「リフォームの一括見積サービス」を利用することです。

人気のリフォームの一括見積サイト: ホームプロ

リフォームの一括見積サービスも複数あり、各サービスによって、「大手企業が多く登録されている価格よりも安心感重視なサイト」「大手企業よりも安く提供している地元工務店が多く登録されているサイト」など特徴があります。

どのリフォームの一括見積サービスでも、無料で登録でき、契約しても利用者には1円も払わなくて大丈夫なサービスなので、多くの方が利用されています!

また顔を合わせずに、ネット上でやり取りができるサービスで、その際に「グリーン住宅ポイント制度を利用してリフォームを検討しています。」と一言コメントを入れておきましょう!

そうすれば、勝手にグリーン住宅ポイント制度を得意としている業者さんから、応募が集まってきますので、その中からいくつかの業者さんとコンタクトを取れば、とても効率的に進められます!

自宅近くの業者さんに「グリーン住宅ポイント制度やってますか?」と聞いたら、微妙な答えが返って心配になった・・・みたいな嫌な思いをせずに、気持ちよくグリーン住宅ポイント制度を活用したリフォームをしてみてはいかがでしょうか?!