新耐震とは?

よくあるシチュエーション

用語解説

新耐震=新耐震基準(しんたいしんきじゅん)

建築物の設計において適用される地震に耐えることのできる構造の基準で、昭和56(1981)年6月1日以降の建築確認において適用されている基準をいう。

これに対して、その前日まで適用されていた基準を「旧耐震基準」という。

新耐震基準は、震度6強~7程度の揺れでも倒壊しないような構造基準として設定されている。技術的には、地震力が加えられた場合の構造部材に生じる応力が許容応力以下であるだけでなく、一定以上の規模の建物については、靱性(粘り強さ)を確保することが求められる。また、建物強度のバランスも必要とされる。

なお、旧耐震基準は、震度5強程度の揺れでも建物が倒壊しないような構造基準として設定されていた。

ポイント

自分の家が、昭和56(1981)年6月1日以前に建てた家がどうかです?
それ以前である場合は、震度6強~7程度の揺れでも倒壊しないような構造基準として設計されていない可能性があります!
まずは、自分の家が地震に対してどの程度強い家なのか調べる『耐震診断』を行うことが大事です!
倒壊する可能性が高いと判断された場合は、『耐震補強』が必要となります。

1社だけで決めるのは危険です!
リフォーム業者探しサイト

複数の業者に会うことはとても重要です!

一番の理由は、提案そのものも業者によって様々だからです。

ただ安ければいいのではなく、自分の家にふさわしいリフォームは何か?様々な意見を聞いてみましょう!

今は、リフォーム業者さんを複数選ぶのがとても簡単で、しかも無料でできます!

便利なサイトをぜひ活用してみては?!

図:ホームプロより

複数のリフォーム業者に一括見積依頼をする
108 views

リフォーム一括見積サイトランキング