リフォームの場合、消費税はいつから8%?

現在5%の消費税率は、2014年4月1日に8%へ、さらに15年10月1日に10%へ、2段階で引き上げられる予定です。
消費税は商品を受け取るときにかかるのが原則とされていますので、住宅のリフォームには経過措置がとられます。増税実施の半年前である13年9月末日までに請負工事の契約を完了していれば、引き渡しや代金支払いの一部が14年4月以降にずれ込んでも、税率を5%とするというものです。この経過措置は、消費税を3%から5%に上げた1997年の措置が踏襲されています。
2013年4月現在、消費増税の予定まで10カ月を切り、すでにリフォーム工事が混み合いはじめていますが、この経過措置によって、9月頃に駆け込み需要のピークが予想されています。14年3月末日までにお引き渡しできる工事枠が日に日に埋まってきておりますので、とくに大きなリフォーム工事の場合、早め早めのご検討が必要となってきています。

ポイント!

ポイントは、リフォーム工事が3月中に完工すれば、増税前の5%でOK!
ただ、4月にまたがる工事の場合は、消費税が8%になってしまうので注意!
但し、大型リフォーム物件の場合、9月末までに契約すれば、工事が4月にまたいでもOK!

1社だけで決めるのは危険です!
リフォーム業者探しサイト

複数の業者に会うことはとても重要です!

一番の理由は、提案そのものも業者によって様々だからです。

ただ安ければいいのではなく、自分の家にふさわしいリフォームは何か?様々な意見を聞いてみましょう!

今は、リフォーム業者さんを複数選ぶのがとても簡単で、しかも無料でできます!

便利なサイトをぜひ活用してみては?!

図:ホームプロより

複数のリフォーム業者に一括見積依頼をする
74 views

リフォーム一括見積サイトランキング