おしゃれでかっこいいガーデンルーム【3選】リクシルvsYKKどっち?

YKKのガーデンルーム「ソラリア」

写真:YKKのガーデンルーム「ソラリア」

おしゃれで、かっこいいガーデンルームをお探しですか?
こちらでは、ガーデンルームを販売しているおすすめメーカーのYKKAPさんとリクシルさんで、おしゃれポイントの比較をしてみました!
どのかっこいいガーデンルームにしようか悩んでいる方は必見です!

ガーデンルームは各メーカーが販売しており、リクシル、YKKAP、三協アルミ、四国化成、タカショーの5メーカーが有名です。
ガーデンルームってたくさん種類があって分からないわ・・・。
おしゃれでおすすめのガーデンルームを教えて!
おしゃれでかっこいいガーデンルーム①

YKKのガーデンルーム「ソラリア」

YKKのガーデンルーム「ソラリア」

写真:YKKのガーデンルーム「ソラリア」

YKKのガーデンルーム「ソラリア」は、耐風圧最大42m/秒、耐積雪最大100cm相当のスペックが特徴で、雪や風にもタフな構造が人気の理由です。

YKKはウッドデッキ材も製作しているメーカーなので、ガーデンルームを統一感あるおしゃれな空間にできます!

YKKのおしゃれポイント

YKKのガーデンルームおしゃれポイント

  1. 自由度の高い設計で、どんな間取りも対応できる!
  2. カラーバリエーションがリクシルよりも多い!
  3. おしゃれを長持ちしてくれるアイテムが充実!
おしゃれポイント①

自由度の高い設計で、どんな間取りも対応できる

ウッドデッキでランチもできるガーデンルーム

写真:ウッドデッキでランチもできるガーデンルーム施工例

YKKAPのソラリアは、自由度が高く、色んなパターンの形状ができる点も特徴的です。

例えば、ガーデンルームを暮らし方に合せて収納や洗い場、家庭菜園などに使える便利スペースをつくるなどの使い方がアレンジできる点が特徴的。写真のように、ウッドデッキにテーブルを置いて庭でランチもできるおしゃれスタイルも。

熱線遮断ポリカーボネート板の屋根にすれば、直射日光対策だけでなく、紫外線カットもしてくれる優れたガーデンルームが人気。

ウッドデッキと土間を組み合わせたガーデンルーム

写真:ウッドデッキと土間を組み合わせたガーデンルーム施工例

半分ウッドデッキで、半分土間といった組み合わせができるのもYKKの良さ。

自転車のメンテナンスなど使い勝手が良い土間仕様もかっこいいですね!

土間の上にあるガーデンルーム

写真:土間の上にあるガーデンルーム施工例

このように、完全に土間の上に設置することも可能。

デザインと開口部のバリエーションが豊富なので、様々なおしゃれなデザインが可能。

デザインと開口部のバリエーションが豊富なので、様々なおしゃれなデザインが可能。

おしゃれポイント②

カラーバリエーションがリクシルよりも多い!

木調カラーの骨組みがおしゃれ!

ソラリアは、アルミ色以外に、木調カラーが選べるのがおしゃれポイント!

アルミ色だとおしゃれさに欠けてしまうので諦めてしまう方も多いみたいですが、YKKのソラリアは、木目柄も豊富に揃えられています!
ソラリアの選べる色

図:ソラリアの選べる色

アルミカラーも含めて、全部で10色から選べるのも嬉しいポイント。

リクシルのガーデンルームGFは7色展開で、YKKAPのソラリアは10色展開なので、カラーバリエーションはYKKAPの方が勝ちです!

日除け対策も

写真:YKKの天井カーテン

日除け対策の天井カーテンも人気アイテム。
天井カーテンも、ホワイト、グレイ、ベージュの3色から選べます。

天井カーテンも、ホワイト、グレイ、ベージュの3色

ちなみに、リクシルもこの点は同じ!

おしゃれポイント③

おしゃれを長持ちしてくれるアイテムが充実!

ソラリアは、オプションが豊富な点も人気の理由。

床下メッシュ囲い

写真:床下メッシュ囲い

例えば、地味ですが、床下メッシュ囲いは人気アイテム。

野良猫など小動物の侵入を防いでくれるアイテムで、床下をキレイに保ちたい方におすすめ。

たて連結目地ふさぎ材

写真:たて連結目地ふさぎ材

他にも、デッキ材の目地の隙間を埋める たて連結目地ふさぎ材も人気アイテム。

目地をふさぐことによって、デッキ下からの虫の侵入を防いでくれる。

地味だけど、設置後のおしゃれさをキープするには必要なアイテムですよね!

枯葉・雪除けネットのオプション

写真:枯葉・雪除けネットのオプション

あとは、設置して数年後、雨樋に枯葉などが詰まって、見っともない状態に・・・ってこともよく聞く話。

YKKAPなら、枯葉・雪除けネットのオプションを選ぶと、雨樋部への枯葉などの堆積を防止してくれるので、清掃作業の負担が軽減できる点もキレイさをキープするポイント。

YKKのガーデンルームの注意点

ガーデンルーム特有な点で、「「ソラリア」囲いは居室としての水密性、気密性はなく、気象状況や使用環境により、囲い内への雨水の侵入や結露により水滴が落ちることがあります。」と注意書きに表記されており、台風時には雨に濡れても大丈夫なものだけ置いておくような配慮が必要です。

おしゃれでかっこいいガーデンルーム②

リクシルのガーデンルーム「ガーデンルームGF」

リクシルのガーデンルーム

写真:リクシルのガーデンルーム

ガーデンルームの後悔話はこちら

リクシルのおしゃれポイント

おしゃれポイント①

DIYでオリジナルのアレンジが可能

DIYでオリジナルのアレンジが可能

リクシルのガーデンルームは、DIYでアレンジができる点が他メーカーとの違いです。

壁にネジが打てるつくりになってたり、天井に部材を架け渡せたりできるので、DIYでカウンターをつけたり、天井に植物を吊ったりすることができる点が人気の理由。

おしゃれポイント②

ライティング照明もセット

ライティング照明もセット

写真:ビームラインライト

リクシルのガーデンルームは、LED照明が本体に組み込められる点が魅力。
夜もガーデンルームで楽しみたい方はリクシルがおすすめ!
ガーデンルームの照明

写真:ダウンスポットライト

照明器具もこだわりがあって、おしゃれですよね!

おしゃれポイント③

おしゃれなシェードも設置可能

おしゃれなシェードも設置可能

リクシルには、おしゃれで人気のスタイルシェードという、日除け&目隠し用のシェードがあります。

そのおしゃれアイテムを一緒に加えることによって、夏の暑さをやわらげるだけでなく、見た目もかわいい点が人気。

おしゃれなシェードも設置可能

ガーデンルームはプロのアドバイスを聞くべし!

どのメーカーにしようか悩んでいる方も、プロの提案をぜひ聞いてほしいです。
設置条件を考慮すると、どちらのメーカーがベターなのか、また自分の好みを伝え、どの仕様が自分にとっておしゃれに感じるのかをプロから提案してもらうことによって、失敗を防ぐことが可能です。
その提案してくれるプロの業者さんに声を掛ける方法は2つあります!

業者選びは2択!

  1. 一括見積サイトを利用する!
  2. 相見積が面倒なら、全国展開で人気の外構業者ガーデンプラスさんに見積をとる

外構工事はリフォームなんだね。

ガーデンルームの工事は、リフォームの扱いになります。

以前までは、自分でインターネットで業者さんをサンルームの工事をできる業者を探して、とても面倒くさい作業をしていたのですが、最近では、リフォームの一括見積サイトを多くの方が利用しています!

代表的な一括見積サイト:リショップナビ

一括見積サイトは、自宅エリアで、かつガーデンルームの設置をしている業者さんを自動的にピックアップしてくれ、ネット上でやり取りできるのが特徴です!
複数の業者に見積依頼するのが面倒な方は、全国展開で有名なガーデンプラスさんに見積依頼すれば間違いないです!

とりあえず、見積がほしいけど、もし合わなかったら、業者さんに断るのが嫌だなって方にも、ネット上で断ることができるので、安心できるのが特徴!
まずは、リフォーム版一括見積サイトを利用してみてはいかがでしょうか?

相見積もりしましたか?
相見積もりは面倒!って思っている方!今は、ネットで簡単に相見積もりが可能です!
他にも人気のリフォーム会社に触れてみては?
\ 無料で使えるので、多くの方が利用しています! /
おすすめリフォーム一括見積もりサイト【3選】!
*ネット上なので、業者さんにお断りする際も安心ですよ!
186 views